映画を超えた史上空前のエンターテイメント『スター・ウォーズ』、
その新たなる3部作の第一弾!

ジョージ・ルーカスとスティーブン・スピルバーグ─ハリウッドが生んだ偉大なる巨星たちの才能を継ぐ、J.J.エイブラムスの『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』がベールを脱ぐ。はるか彼方の銀河系で繰り広げられる、家族の愛と喪失の壮大な物語。その歴史は、新たなるヒロイン、新たなる仲間たちによって、≪新たなる3部作≫として、真新しい1ページを開く。
家族を知らず砂漠の惑星で孤独に生きるヒロイン、レイの運命が、新型ドロイドのBB-8、戦うことに疑問を抱く兵士フィン、そして、フォースの暗黒面の担い手、カイロ・レンらと交わる時、銀河の命運を賭けた戦いの渦中へと導かれる。
果たして、真のフォースに目覚める者は、誰か…?その行く末を今、世界は固唾を飲んで待っている。
──その時あなたは、新たなる伝説の目撃者となる。


『スター・ウォーズ』新作は女優が大活躍!
シネグラ注目はオスカー受賞女優!
世界中、今まさにスター・ウォーズフィーバー。映画の記録的大ヒットはもちろんのこと、いたる所でロゴ入りのグッズや商品が売り出され、ルーカスフィルムを買収したディズニーの戦略はまさに思惑通り大成功を収めています。
そんな興奮が冷めやらぬうちにと、ブルーレイでエピソード4から6を自宅で復習した後、映画館に出かけて『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』を観てきました。

今回の『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』は、敢えて冒険を冒さず、『エピソード4/新たなる希望』に敬意を表して世界中のファンの視線を意識して作られた作品であると言えます。『エピソード1/ファントム・メナス』を初めて観た時、その騒々しさと時代と逆行したテクノロジーの進化に強い違和感を覚えたのとは全く違い、1作目の壮大な世界観とストーリーを踏襲して作られています。しかし、40年近くも前の作品とあまり印象が変わらないのは、改めて、1作目の素晴らしさを感じる結果となり、この作品のオリジナル性はあまり感じられませんでした。2017年に公開予定のエピソード8では、もう少し新鮮な驚きと遊び心が欲しいかなというのが正直な感想です。映画の内容については、賛否両論ありますし、受け止め方は人それぞれだと思うので、これ以上の言及は避けて、登場するキャラクターを演じるひとりの俳優をご紹介しましょう。

鑑賞前から『それでも夜は明ける』(2013)でアカデミー賞助演女優賞を受賞したルピタ・ニョンゴがクレジットされているのに興味を持っていました。
1983年メキシコで生まれたルピタは両親が生まれたケニアを国籍に持ち、4か国語を話す才媛です。名門イエール大学演劇大学院を卒業後、長編デビュー作の『それでも夜は明ける』での演技が大絶賛され、一夜にしてスターの仲間入りを果たしました。アカデミー賞授賞式でのスピーチはとても感動的で、2014年にはPeople誌が発表した「世界で最も美しい人」のトップに選出され、その後ファッションブランドmiumiuの広告に出演したりと、才色兼備の代表ともいうべき女性です。

そんな彼女が本作に出演ということで、一体どんな役だろう、と期待していましたが、劇中最後まで彼女の姿を見つけることは出来ませんでした。
観ていない方のために、敢えて役名は伏せますが、彼女はある印象的な役で”姿を変えて”登場しています。CGで作られたキャラクターをモーションキャプチャーで演じているため、見た目は人間ではないのです。
今回は、ルーク、ハン・ソロ、レイア姫の3名が脇役として登場するため、どうしてもそのインパクトが強すぎるせいか、主役のレイ以外の登場人物に個性があまり感じられませんでした。しかし、ルピタが演じるキャラクターは、そのもの静かな語り口や表情など、ヨーダを初めて観た時のインパクトに近い力強さがありました。彼女の演技をもう一度確かめたいのと、007JBという名のストームトルーパーを見つけられなかったので、もう1回観ないとどうもスッキリしません。
(TEXT by Miyuki Homma 2015/12/24)




スター・ウォーズ
/フォースの覚醒

Star Wars: The Force Awakens

2015年12月18日(金)公開
ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
http://starwars.disney.co.jp/movie/force.html

2015年/アメリカ/136分
©2015 Lucasfilm Ltd. & TM. All Rights Reserved

【ストーリー】
『ジェダイの帰還』から約30年後を舞台に、フォースを巡る全く新しい“家族の愛と喪失の物語”が描かれる。
砂漠の惑星で家族を待ち続けている孤独なヒロイン、レイの運命は“ある出会い”によって一変することに…。
旧シリーズの不朽のキャラクターたちに加えて、重要なカギを握るドロイドBB-8、ストームトルーパーの脱走兵フィンなどが登場。世界中が注目する悪役は十字型のライトセーバーを操るカイロ・レン。

監督:J・J・エイブラムス





HOME | TOPICS | About Us

Copyright (C) 2015 All Rights Reserved by Cinema Graffiti.