天才か、狂人か!? 実在した“ワイヤー・ウォーカー”の伝説を完全再現!
不可能に思えた挑戦はこの一歩から始まる──

1974年、当時世界一の高さを誇ったワールド・トレード・センター、その高さ411m。地上110階の道なき空間をワイヤーロープ一本でつなぎ、命綱なしの空中闊歩にある一人の男が挑んだ。その男とはフィリップ・プティ。この伝説の男プティ役を『インセプション』で注目された若手実力派俳優ジョセフ・ゴードン=レヴィットが演じる。
監督は、映像の魔術師であるだけでなく、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズを放ったヒットメーカーにして、『フォレスト・ガンプ/一期一会』のアカデミー賞監督ロバート・ゼメキス。常に〝最先端のVFX技術”を活かした映像で世界中を驚きと感動で魅了してきた監督の〝集大成”であり〝最高峰”となる迫力あるビジュアルを提供してくれる。主人公プティを演じる演技派ジョセフ・ゴードン=レヴィットは、『インセプション』『G.I.ジョー』など大作で存在感を示し、本作ではワイヤー・ウォークに果敢に挑戦するとともに、エキセントリックだがチャーミングな男を好演。さらに、プティの師匠であるパパ・ルディに『ガンジー』のアカデミー賞俳優ベン・キングズレーが扮し、人間臭くも厚みのある存在感を発揮している。




ザ・ウォーク

2016年1月23日(土)公開
ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
http://www.thewalk-movie.jp/

2015年/アメリカ/123分
© 2015 Sony Pictures Digital Productions Inc. All rights reserved.

【ストーリー】
フランス人フィリップ・プティは8歳の時に見たサーカスの綱渡りに魅せられ、独学で綱渡りの技術を身につける。1973年、パリで大道芸人になっていたフィリップは、ニューヨークに建設中のツインタワービルの記事を見て、この屋上にワイヤーをかけてその上を歩きたいと思う。彼の夢に、弾き語りをしているアニー、カメラマン志望のジャンらが加わり、1974年に渡米した彼らは周到な準備をして、ワールドトレードセンターに忍び込む。危険極まりない違法行為ではあるが、それでもフィリップはこの“夢”を実現させようと猛烈な勢いで走り始める──。

監督:ロバート・ゼメキス





HOME | TOPICS | About Us

Copyright (C) 2015 All Rights Reserved by Cinema Graffiti.